用語集

用語解説

量の系列化

タグ: 試験用語集 測量

数概念形成の一つの柱である「順序数」の考え方の基礎。ここで扱う量は「大きさ」「多さ」「長さ」「重さ」の四つの量。それぞれの量を比較し、最高級・最低級や量の相対化、系列化(例えば、大きさの違う車を車庫にしまう場合、1番大きな車庫には1番大きな車を、2番目に大きな車庫には2番目に大きな車を、…というように入れていくこと。)を行う。

用語集一覧へもどる